第7回 全国児童館・児童クラブ神戸大会

全国児童館・児童クラブ神戸大会~元気やで!がんばっとうで!「ありがとうの気持ちをこめて」~
報告書

日時:2005年7月17日(日)~18日(月・祝)
会場:神戸市国際会議場(神戸市中央区港島中町6-9-1)
    クオリティホテル神戸(神戸市中央区港島中町6-1)
参加者数:794名(プレイベント「あそびにコンビニ」来場者数3,000名)

<講演会>
妹尾 河童 氏(舞台美術家)「どんな時代でも 子どもは希望だ」

<特別報告会>
阪神・淡路大震災と神戸の児童館

<分科会>

分科会名 内 容
1)~地域のこどもが安心してすごせるために~「リスクマネージメントを知ろう!」 児童館の危機対応を考えるとともに地域ぐるみの取り組みを工夫してみましょう。「安全マップをつくろう」「もしも、不審者がきたら」「職員向け避難訓練」「CAP実践報告」など4つの事例をもとにグループ討議をします。
2)~何して遊ぶ?!今の子どもたちのために~ 遊びは子どもの発達に欠かせないもの。遊びの体験不足が今の子どもがさまざまな問題を生み出す要因ともいえるでしょう。キレる子、不器用な子、コミュニケーションが苦手な子…どんな遊びが子どもの成長に大切なのでしょう。さて、何して遊ぶ?
3)~わくわく・どきどき!海賊ミステリーツアー~ 子どもにかえってワクワク・ドキドキを体験し、遊びの展開を探ります。海賊ミステリーツアーのポイントを全部クリアして、見事なぞを解きましょう。新たな素材のグループ研究では楽しいコンテストをおこないます。
4)これからの児童クラブを考える~しゃべって元気に笑顔でいこう(^O^)~ 「遊び」と「生活」のある場である児童クラブは、今大きな変化の時を迎えています。いきいきとした放課後の暮らしを支えていくためにどのような運営が期待されるのでしょう。1日目はフリップ方式を利用して、2日目は講師を迎えて全員参加型で意見交換をします。参加者にはお役立ちCD-ROMのおみやげつき!
5)~居場所づくりのニュースタイルを斬る!~「地域と青少年のコラボレーションにおける児童館の役割を探る!」 地域、行政、様々な分野のパネラーからヒントを得て、地域との協同の中での中高生の居場所づくりにおける児童館の役割と可能性を探ります。
6)~求められる職員の専門性とは?~ 次世代育成支援対策推進法のもと、児童館は地域の子育て・子育ち支援に大きく関与していくことが期待されています。私たちに何ができるのか、児童館活動はどのように変化していくのか、職員の専門性はどこに求められるのか探ります。
7)~子どもや親の出すSOSをどう受け止めますか?~ 「子育てがつらい」「子育てに自信がない」といった育児不安を持つ親、ストレス社会の中で傷つく子どもたち・・・。そんな親やこどもたちとどう関わっていったらいいでしょう。

今、児童館ができること、できる予防策を関係機関の皆さんと共に考えていきます。
8)~今、児童館に求められるもの「乳幼児の子育て支援」~ 1日目は「神戸市の実践事例の発表」を、2日目は講師を迎え、「これからの乳幼児の子育て支援活動について」の講義をもとに今後の方向性を考えていきます。
9)~館長・主管課・研究者の集い~「これからの児童館活動、キーワードは~」 指定管理者制度が導入され、運営主体の多様化のもと、児童館はどのような役割を期待されているのでしょう。地域の子育て、子育ち活動拠点施設として地域ニーズに即した活動のあり方を館長・主管課・研究者各々の立場からの意見交換をします。


報告書(一部抜粋)

報告書(概要、分科会の一部)(1.54MB)