児童館わくわくワーク

RSS

「児童厚生員について」

児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(厚生労働省令)では、「児童の遊びを指導する者」と表現されています。具体的には、
 
 ☆「保育士」「社会福祉士」資格を持つ者
 ☆高卒で2年以上児童福祉の仕事をした者
 ☆幼・小・中・高のいずれかの教諭資格を持つ者
 ☆大学で心理・教育・社会・芸術・体育の学科を卒業したもので、その施設の設置者(都道府県知事、もしくは市町村長)が認めた者 等となっています。

「児童館の現状は?」

現在、児童館は全国に約4,300館あります。そのほとんどは公立(市区町村立)ですが、職員は直接役所で採用された公務員もいれば、その運営を指定管理者制度で管理を引き受けた社会福祉協議会などの団体、NPO法人、株式会社に採用されている職員もいます。教育委員会が運営する場合は、もちろんそこで採用されることになります。

民間では、保育所などを運営する社会福祉法人が児童館を運営していることもあります。その場合の職員の採用権は施設ごとにあります。秋口に募集をかけるところもあれば、年度末ぎりぎりに欠員が出たら募集するところもあり、その際に筆記試験、論文審査をおこなうところもあれば、面接だけのところもあります。採用の条件とか問われる資格などは、運営主体によってまちまちなのが現状です。

「情報を収集するには」

各地の求人情報は左のメニューから検索してください。
このほか、一網打尽をあきらめ、こつこつ情報を集めることからはじめることをお奨めします。

ポイント

  • どこの地域で働きたいのか、そしてその地域に児童館があるのかを調べる。
    こちらで全国の児童館の所在地や連絡先が調べられます。
  • 児童館のある市区町村の児童館担当課に児童厚生員の採用について問い合わせする。または各児童館に直接問い合わせる。
  • 児童館でボランティアなどしながら児童館関係者との人脈を作り情報をもらう。
  • 「嘱託なら・・」とか「非常勤で・・」などの回答でも、とりあえず働いてみる。
    ※内部にいれば、正規募集などの情報が早い。

このような方法も・・・

 

育成財団が認定する「児童厚生二級指導員・一級指導員資格」について

全国の保育士養成校などでは、当財団が認定する資格を取ることができます。
詳しくは、こちら。あるいは、養成課程を持つ学校へお問い合わせ下さい。