学生・就職希望者

今後、児童館や放課後児童クラブでの勤務を検討されている方は、全国の保育士養成校などを育成財団が「児童厚生員養成校」として認定しています。そちらに入学し、保育士資格取得と同時に下記の認定資格「児童厚生一級指導員」もしくは「二級指導員」を取ることができます。

養成課程についてはこちらをご覧ください

 

なお、児童館・放課後児童クラブ職員として勤務している方(現任者)は、研修の受講等によって資格取得できます。上位資格は現任者でないと取得できません。

 

児童館で働くには

児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(厚生労働省令)第38条2の「児童の遊びを指導する者」に該当することが必要となります。例としては、

  • 「保育士」「社会福祉士」の資格を有する者
  • 高卒で2年以上児童福祉事業に従事した者
  • 幼・小・中・高のいずれかの教諭資格を有する者
  • 大学で社会福祉・心理・教育・社会・芸術・体育の学科を卒業したもので、その施設の設置者(都道府県知事、もしくは市町村長)が認めた者 等となっています。

詳しくは、児童館わくわくワークをご覧下さい。
 

放課後児童クラブで働くには

放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準(厚生労働省令)第10条3の「放課後児童支援員」に該当する者であって、都道府県認定資格研修の修了が必要です。具体例としては、

  • 「保育士」「社会福祉士」の資格を有する者
  • 高卒で2年以上児童福祉事業に従事した者
  • 幼・小・中・高のいずれかの教諭資格を有する者
  • 大学で社会福祉・心理・教育・社会・芸術・体育の学科(課程)を卒業した者
  • 高卒で2年以上、放課後児童健全育成事業に類似する事業に従事した者で、市町村長が認めた者 等が該当します。

該当しない場合は、「補助員」となります。